【芸能】フジ誤報(山口宅にもう1人男性がいた)で山口事件を迷走させるwwwwwwwww


(出典 www.tokyo-park.net)

1 豆次郎 ★ :2018/05/11(金) 15:39:53.06 ID:CAP_USER9.net

5/11(金) 15:00配信
フジ誤報も独り歩き 山口達也事件で広がる憶測と二次被害

 元TOKIO・山口達也(46)の強制わいせつ事件は不起訴になったことと山口の事務所解雇で一応の収束をみたかのように思われている。だが、水面下では臆測と二次被害が広がっている。

 事件が起きたのは2月12日。1カ月間の入院から自宅マンションに戻ったその日に、NHKの「Rの法則」で共演していた女子高生に電話。誘いを断れなかった女子高生が友達と連れだって山口の住む港区の高級タワマンを訪れた。部屋にいた山口は酩酊状態で女子高生たちに酒をすすめた上、嫌がる被害者に無理やりキスするなどわいせつ行為に及んだという。

 友人の女子高生はトイレに逃げ込み難を逃れ、山口がたばこを吸いに部屋を出た時に2人は逃げ、麻布署に被害届を提出。4月25日に書類送検されたことが分かった。

 フジテレビが山口宅にもう1人男性がいたと報じたが、誤りだったと訂正して謝罪したものの臆測は独り歩き。「タワマンに出入りするには誰か案内した人物がいるのでは?」「山口と被害者がもみ合っていたのなら、友達はトイレに逃げ込むより部屋を出ればいいのに」「他に男がいたから逃げられなかったのでは?」といった臆測がネットを中心に飛び交い、被害者までバッシングされつつある。

 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「こういった報道は被害者保護が大前提。被害者は危機的状況で気が動転して動けない、声が出せないことなどあり得ること。そこまで臆測を広げさせてしまうのは山口達也の社会的責任の欠如に問題があり、所属事務所も責任重大。被害者と加害者を出会わせてしまったNHKの責任も大いに問われます」

 NHKは10日、定例記者会見で事件について言及し、「出演者同士の連絡先交換はしないようにということを徹底していた」という。だがアル中の色魔と女子高生の接点となった問題番組だけに、他にも被害者はいなかったのか検証が必要だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000022-nkgendai-ent

続きを読む

Source: 芸能ドラマエンタメ速報